習い事のエントリー 一覧

3月の声楽レッスン

  • 更新日:
  • 習い事

息子が旅行に行っている間にも、声楽のレッスンはありました。

というか、レッスンに関するブログをしばらく書いていませんでした。

この間のレッスンの覚書を少しまとめておきたいと思います。

All I ask of you

だいたい暗譜もできたし、特にこれと言うほどのことはなし。ハモる部分、相変わらず夫が私に引きずられてしまうのだけど、こればっかりは私にはどうしようもないし。

演技演出を少し考える必要がありますが、今回は「演奏会形式で歌います」と宣言したので、演技と言うほどの演技はしなくて良くなったので気楽になりました。

Phantom of the Opera

最後の部分が不安なのと、時間短縮の必要もあり、1コーラスカットすることになりました。結果的に転調が一回減り、最後の音も半音下がりました。

実際これでかなりラクにはなりました。

あと、最初の超低音も、このままだと聞こえない、ということで(地声で歌っちゃえばちゃんと出そうな気はしますが、私の地声はかなり低いので、クリスティーヌらしくなくなってしまうのと、ポジションが下がって後の高音がきつくなるので)、1オクターブあげて歌うことにしました。男声側(ファントム)と同じ処理ですね。

転調が一回減ったことで、伴奏側の楽譜が結構大変なことになっています。先生にはお手数掛けます。

半音下がったとはいえ、最後はやっぱりきついです。最後の最後に「Hi-D(五線の上第3間のレ)のロングトーン」ですから。いかに、そこまで声を持たせるか。練習で鍛えるのみでしょうかね。

Think of me

ほぼ暗譜は完了。あと問題はブレスコントロールと最後のカデンツァです。フレーズ感を大事に。もっとも大事なことは、発声を考えながら歌うこと。

以上。

タグ:オペラ座の怪人, 声楽

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

またまた代理受講

  • 更新日:
  • 習い事

夫が体調を崩してしまったので、またまた代理で声楽のレッスンに行ってきました。

今回は、当日急に決まったのでホントに予定外で、いろいろ不安でしたが。

一応、3月からしばらくは、それぞれのソロ曲をレッスンする時間を捻出するため、夫のレッスン時間を半分分けてもらう(月2回のうち1回)ことになっていたので、結果的には予定が一週前倒しになっただけの話なんですよね。

とはいえ、コンコーネをほとんど練習していなかったのでどうしようかと思っていたところ、一人の時は時間がないからやらない、ということで、発声のあとすぐに、ガラコンで歌うソロ曲、"Think of me"に入りました。

あ、発声では、まだ音が上がって行ったときに、響きが前に行きがちなので、それを注意。

口を開けるときに、上の歯を見せる必要はなくて、下あごを下げること。これ、気をつけないとすぐに上唇をあげてしまうクセがあることに、今さら気づきました。

あと、最近レッスンの時はステージ用のハイヒールを履いているのですが、その際はバランスをヒールのほうに持っていくように言われました。

さて、"Think of me"です。

続きを読む

タグ:オペラ座の怪人, 声楽

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

声楽レッスン

  • 更新日:
  • 習い事

声楽のレッスンに行ってきました。

相変わらず、発声に迷いがあります。

コンコーネ25番はやはり、口の中、喉の奥が狭くなりがちです。

どうしても、音程が変わるたびに形を作りなおすクセが抜けないのです。

「常に開けっ放し」これがなかなか難しいんですよねぇ。

曲は、オペラ座の怪人の二重唱へ。

"All I ask of you"

声楽的に歌うよりも、話すように。

あと、「低音は捨てること」。耳にタコができるほど言われてますが。

この曲は決して生活感を出してはいけないので、これを歌うときは、お互いに「ラウル」「クリスティーヌ」と呼び合うように、と厳命されました(笑)。

何回か歌った後、最後に一度、"Phantom of the Opera"を。

この曲、すっごく低い音域(五線の下のGソ・Aラあたり)から始まって、最後は超絶に高い音(Hi-Es/五線から上に三本たしたところにあるミ♭)で終わるんです。

一発芸ならHi-Esもなんとかなりますが、五線の上のA(ラ)から始まり、半音ずつロングトーンで上がっていく最後の一連の流れは、かなーりキツいです。

今回は最後手前のHi-C(ド)三連発で声が終わってしまって、最後のEsは出す前から「無理」とわかりました。

とりあえず、最初の入りをオクターブ上げて、ポジションが下がりすぎないように試してみてくださいということになりました。

まぁ、練習していても、最後の部分はいつも綱渡りで、出るかでないかの勝負になってしまっています。大抵かすれてしまうし、とてもとても人さまにお聞かせできるようなシロモノではありません。。

今のところは、なんとか喉に負担をかけずに、かすれない声で最後までいけるように、何度も試してみるしかなさそうです。

タグ:オペラ座の怪人, コンコーネ, 声楽, 発声

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

若い娘になりきれるか?

  • 更新日:
  • 習い事

声楽のレッスンに行ってきました。

今回も前に出て発声から。

やはり、「ドレドレドレドレド~」の、二度音程を繰り返してからのロングトーンがうまくいきません。

どうしても音程が変わるとポジションも変わってしまう...。たまーに上手く行くこともあるんですが。

あと、やはり五線の上に抜けた辺りから喉の奥が閉まってきます。「閉まるんじゃなくて開けないと」。理屈はわかっちゃいるけど、開け方がまだ体得できません...。

響きの方向はだいぶ良くなってきたようではあります。

コンコーネはようやく25番。

続きを読む

タグ:オペラ座の怪人, ガラコンサート, コンコーネ, 声楽

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

響きを切らない!

  • 更新日:
  • 習い事

声楽のレッスンに行ってきました。

今回は、本来私のレッスンではないのですが、夫が仕事の関係で行けそうになかったので、先生から「なら代わりに来なさい」と言われて代理受講したのでした。

前回のレッスンから一週間しか経っていないのと、前回、なんとなく先生の求めていたポジションと自分の歌いやすいポジションが一致したせいか、今回は割合良い感じだったようです。

続きを読む

タグ:イタリア歌曲, コンコーネ, ドナウディ, 声楽

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

とにかく深い声で

  • 更新日:
  • 習い事

声楽のレッスンに行ってきました。

前回、発声だけで終わってしまい、「次回までこれだけでいいよ」と言われたのですが、録音を聞いてみようとしたら肝心の部分が録れていなかったので、自分の「良い声ダメな声」の判断がつかず...。

そんなわけでロクに練習もせずに、すっごくブルーな気分でレッスンに臨みました。

続きを読む

タグ:コンコーネ, 声楽, 発声

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このページの上部へ

カテゴリ

月別アーカイブ

ランキング

参加しています。良かったらクリックしてください。

でんき予報

Powered by Movable Type 5.12