日常のエントリー 一覧

掃除機も買換え

  • 更新日:
  • 日常

ちょっと前の話になってしまいましたが、先月冷蔵庫を買い換えて搬入の日のこと。

当然ながら、冷蔵庫の通り道を作るため、片付けとか片付けとか掃除とかしていたら、掃除機のホースに何か詰まってしまい、異音がして全然吸わなくなってしまったのです。

ちなみに掃除機はダイソンのDC-05。もう10年近く使っている古~い機種です。

当時の最新機種は確かDC-08だったと思いますが、そっちは7~8万円という恐ろしい値段だったのを、型落ちということもあって3万円台で買った記憶があります。

で、こういう時はお客様相談センターに電話するに限る、と、電話してみました。

この掃除機には、ヘッドとの繋ぎ目近くにお客様サービスセンターのフリーダイヤル番号が書いてあって、以前も根元で詰まった時に、ホースの外し方を教えてもらったことがあるのです。

で、かけてみて、機種番号やシリアルNo.を伝えて、症状を話すと、「まず音を聞かせてください」と言われ、スイッチを入れて聞かせると、「でしたら、ホースを外していただいて、ヘッド側の口をそのホースの差してあった穴に差し込み、スイッチを入れてみてください」とのこと。

そうしたら、アッと言う間に詰まっていたものが吸い出されて集塵ボトルの中に入って行きました。

やれやれ解決、と思ったら、相談室のお兄さんがおもむろに、私の使っているDC-05にリコールがかかっていることを知らせてくれました。

全然知らなかったのですが、なんだか不具合があるらしく。

http://www.dyson.co.jp/support/dc05notice.asp

↑のページでは部品を送りますしか書いてありませんが、実際には、15,000円で指定機種に下取り買換えもできますとのこと。

とりあえず資料を送ってくれるというので送ってもらいました。

買換えさせてくれるのは、「DC-26 タービンヘッドコンプリート」。最新型でこそありませんが、DC-05に比べたら何世代も新しい型、一応現行機種です。実売価格はまだ5万円前後します。

ダイソンの掃除機そのものは気に入っていたので、そんな価格で新品が手に入るなら渡りに船。早速お願いしました。

そうしたら3日後くらいには現物が届きました。

今までの掃除機は箱詰めして、同封の伝票を使って送り返しました。長い間お疲れ様。

新しいDC-26は、ふたまわりくらいコンパクトになり、とても軽いですが、騒音は今まで以上かも(笑)? でも、今まではなかった「強弱切り替え」もありますし、ヘッドの種類は倍増。取り回しはラクになり、吸引力は強くなっている、ような気がします。

コンパクトになった分、集塵ボトルの容量がかなり減ったので、中身を捨てる頻度は上がりそうですが、以前より捨て方もラクになったので、ノープロブレムです。

使い古した掃除機を下取りに出して、ウソのような低価格で新型が入手できるなんて、なんだかラッキーな出来事でした。

タグ:ダイソン, 家電, 掃除機

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

帰宅難民の端くれになりました

  • 更新日:
  • 日常

息子がヨーロッパより帰国しました。

たくさんの体験をお土産に帰ってきたのは良いのですが。

あいにく昨日は大嵐。

飛行機は午前中に到着したのでまだ良かったのです。

夕方から天気が荒れると朝からずっとニュース等で言っていたので、少しでも早く帰れたらいいな、と思って、解散場所まで行きました。

予定通り二時過ぎにはバスが着いたのですが、そこから教会の聖堂で解団式があり、延々といろんな人の挨拶。

この日帰国したばかりの人たちは、この事態を理解していないようでした。

ようやく30分くらいで式は終ったものの、今度はそこからホールに移って団員達だけでまた延々とミーティング。

三時過ぎに子供たちが出てきて帰り始めたものの、そろそろ天気はかなり怪しい感じ。

とは言えまだ電車は七割程度運行中とのこと。

ここですぐに帰ればあんなことにはならなかったのに...。

続きを読む

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

OCN家計簿

しばらく間が開いてしまいました。

この間、息子が春休みに海外旅行をするのでその準備だとか、前々から怪しかった20年選手の冷蔵庫を急きょ買い替えたりとか、いろいろバタバタしておりました。

いやー、20年も経つと、冷蔵庫があまりにも進化していて驚きます。っていうか、今までよく持たせたなぁと我ながら感心...。パッキンもダメになってたし、冷えてなかったし、何より新しいのは静か。とりあえず買い換えて正解でした。

さて、本題です。

冷蔵庫を買い替えたり、また年度替りでいろいろ物入りが続き、超どんぶり勘定でテキトーにやってきた家計がいよいよ怪しくなってきました。

やはり、家計簿つけないとまずいかなぁと思いつつ、紙の家計簿はやはり計算が大変なのと、銀行口座やカード払いのものなどの区別が煩雑なこともあり、続かないのが常でした。

また、いわゆる「家計簿ソフト」も、自分のPCでいちいちソフトを立ち上げて入力するのが面倒なうえ、いまひとつかゆい所に手が届かない感じでやはり続きません。

そこで、考えたのが「オンライン家計簿」とiPhoneの家計簿アプリ。

調べてみると、最近はすごいサービスがあるんですね。

続きを読む

タグ:クラウド, 家計簿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

熱傷とキズパワーパッド

  • 更新日:
  • 日常

最近、年のせいか思わぬヘマをよくします。

普通に通路を歩いて机の角にぶつかったりするので、空間認知が弱くなっているのかもしれません。

で、以前に比べて「うっかり熱傷」の頻度が上がってます。

熱い鍋やフライパンに、触るつもりはないけど触ってしまうというやつです。

先日もホントにうっかり、手の甲(親指の付け根あたり)が触れてびっくり。

すぐに流水をガンガンかけたのですが、ジンジン痛い。

短時間だったせいか見た目はほとんど変化ないのですが、とにかく痛いので、こういう時はとキズパワーパッドを貼りました。

見た目に変化がないのでこの時は水ぶくれもなければ何もなかったのですが、とりあえず三日ほどそのままにしておきました。

擦り傷切り傷などなら浸出液で白く膨れるパッドですが、この時は皮もむけていなかったので、なんとなくパッドの下が色づいているように見える程度でした。

当然ですがこの間痛みは感じません。水仕事も普通にできます。

三日経つとだんだん縁から剥がれてきたので、思い切ってはがしてみると...。

パッドと一緒に皮膚の薄皮が剥がれて、生々しい傷が表れて透明な汁があふれてきました。(傷はキレイなものでしたし、はがす時も全然痛くありませんでした。)

慌てて次のパッドを貼って現在三日目。

ようやくパッドは浸出液を吸って白く膨らんできています。このまますんなり治りますように。

それにしても、この位置に熱傷を負って、痛みもなくストレスフリーに生活できるのは本当にありがたいです。

ただ、万能のようなキズパワーパッドですが、手荒れによるヒビ割れには全然効きません(汗)。

タグ:キズパワーパッド, 熱傷

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今年は「こうもり」イヤー?

  • 更新日:
  • 日常

写真のように、現在手元に、オペレッタ「こうもり」のチラシが3枚もあります。

先月、ピアノ伴奏の「こうもり」を観たばかりですが、どうやら今年は「こうもり」の当たり年のようで。(何か記念の年なのかもしれません。)

上のチラシ3枚のうち、一枚は帝国ホテルのディナー付で、超高額のため、とても手が出ませんが(田代父子の共演なので気持としてはすごーく行きたいのですが)、後の2枚は市民オペラで、リーズナブルな価格なので、ぜひ行ってみたいなぁと思っています。

特に、草加の方は、アイゼンシュタインが田代誠先生、ファルケがESCOLTAの吉武大地さん、そしてアルフレードが実は以前、わが門下の声楽発表会に賛助出演してくださった方なので、少々遠いのですがぜひ行きたいのです。

「こうもり」は曲もポピュラーで楽しいオペレッタなので、いろいろ見て比べるのもいいかなぁと。

まだチケットは入手していませんが、とっても楽しみです♪

タグ:こうもり, オペレッタ, 吉武大地, 田代誠

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

パスポート写真、NG

  • 更新日:
  • 日常

昨日の「ひとこと」の顛末を一応。

息子が来月、合唱団の海外演奏旅行に行くので、パスポートの申請に行きました。

書類は全部揃えて、記入漏れがないかもチェックして、朝一番に出せるよう、家を8時前に出て。

パスポートセンターには、きっちり開館10分前には着いて、余裕の受付番号「1」をゲットしたというのに。

スピード写真(BOX型のアレ)で撮った写真にNGが!

「(定規を当てながら)サイズが少し規定より小さいようです。」

えっ、規定どおりじゃないの? ちゃんとトンボ通り切ったし。

と思ったのですが、どうやら写っている顔そのもののサイズが小さいらしく。

いわゆる「小顔」なんですよね、ウチの息子。

中学一年生男子には、「自分で調整する」なんて高度なワザが使えるはずもなく。

おまけに、メガネをかけていて、
「ほんの少しなんですが、ここに光が反射してしまってますね」
との指摘。

確かにそれは少し気にはなっていたんですが、ホントに少しだけなのに...。
なんでも、両目が鮮明に写っていないといけないそうです。

今のスピード写真は、デジカメなので4回撮り直しが出来るし、いろいろ優秀にはなっているけれど、やはり所詮セルフなんですよねぇ。

係の方は
「メガネは外して撮られた方が良いですよ」
とアドバイスをくれました。

教訓。
「パスポート写真(特に子供の)は、ケチらずに人の手で撮ってもらうべし」
結局、「写真代+交通費+往復の時間」が丸々無駄になってしまいました。

週末にでも写真を撮り直して、来週リベンジですね。

タグ:パスポート, 写真

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

英語の筆記体

  • 更新日:
  • 日常

息子は中学校一年生です。英語、苦手です...。

特に、書き取りに苦労しているみたいです。

自分の時どうだったか忘れましたが、息子の英語担当の先生は、文字のチェックが厳しいのです。小学校の漢字のトメ、ハネ、ハライ並みに、英習罫に対して接してるとか接してないとか、長いとか短いとかを細かく見ます。

文字なんて、読めりゃいーじゃん、と思うんですけど。

ローマン・アルファベットに関しては、文字を区別するためにチェックすべき個所がいくつかあって、そこを外してなければOKだと思うんですけど。なんか細かいんですよねぇ。

ところで、最近は学校で英語の筆記体教えないんですね。

確かにネイティブさんって、いわゆる筆記体を使っているのをほとんど見ませんが、そのせいなんでしょうか。

でも、筆記体を使えると、流れで書けるので(書道の行書みたいなもの?)、多少なりとも書くのがラクになると思うんですが。

息子たちを見ていると、文字の字間がマチマチで、単語区切りが良く分からない子が多いです。筆記体なら、単語単位で続けて書くので、少なくともそういうことはなくなると思うんですよね。

あと、習っていないと、筆記体フォントが読めなかったりしませんかね。

私なんかは習った最初の頃は基本筆記体を使っていましたが、学年が進むにつれて徐々に使わなくなりました。結局は読みづらいからと、区別のつきにくい文字があるからなんですが、流れで書けるようになった分、ブロック体もそこそこ速くなったんではと思います。

すごく印象的だったのは、大学に入って最初の専攻の授業(英語)で、筆記体のテストをされたこと。

「『筆記体で』この文章を書きなさい」って、タイプライターの文字見本文、"With charming eyes, a quick brown fox jumps over the lazy dog." を書かされたんです。もちろん、読み上げなので、聞きとりも兼ねてます。

まぁ、これを書かせて、綴りの間違いも含めて、筆記体がきちんと書けるかをテストされたわけですが、今ではもうできないんですね、コレ。(もちろんその先生ももうお亡くなりになっていますが。)

たまに、息子に筆記体教えてしまおうかと思ったりするんですが、やっぱり筆記体で書いたら×をもらっちゃうんでしょうかねぇ。今の担当ならやりそう...。

タグ:タイプ, 筆記体, 英語

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

眼鏡市場の「FREE FIT」

  • 更新日:
  • 日常

FREE FiT

「するぷろ」のテストを兼ねてのポスト。

先月、使っていたメガネが壊れてしまったので、新しいメガネを買いに、近所の眼鏡市場に行きました

私の場合、レンズの度数が-13という超ド近眼のため、こういう、高屈折レンズも定額で買えるお店はほんとうにありがたいです。

というかこういうお店でないと買えません。

続きを読む

タグ:するぷろ, メガネ, 眼鏡市場, 買い物

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このページの上部へ

カテゴリ

月別アーカイブ

ランキング

参加しています。良かったらクリックしてください。

でんき予報

Powered by Movable Type 5.12