掃除機も買換え

  • 更新日:
  • 日常

ちょっと前の話になってしまいましたが、先月冷蔵庫を買い換えて搬入の日のこと。

当然ながら、冷蔵庫の通り道を作るため、片付けとか片付けとか掃除とかしていたら、掃除機のホースに何か詰まってしまい、異音がして全然吸わなくなってしまったのです。

ちなみに掃除機はダイソンのDC-05。もう10年近く使っている古~い機種です。

当時の最新機種は確かDC-08だったと思いますが、そっちは7~8万円という恐ろしい値段だったのを、型落ちということもあって3万円台で買った記憶があります。

で、こういう時はお客様相談センターに電話するに限る、と、電話してみました。

この掃除機には、ヘッドとの繋ぎ目近くにお客様サービスセンターのフリーダイヤル番号が書いてあって、以前も根元で詰まった時に、ホースの外し方を教えてもらったことがあるのです。

で、かけてみて、機種番号やシリアルNo.を伝えて、症状を話すと、「まず音を聞かせてください」と言われ、スイッチを入れて聞かせると、「でしたら、ホースを外していただいて、ヘッド側の口をそのホースの差してあった穴に差し込み、スイッチを入れてみてください」とのこと。

そうしたら、アッと言う間に詰まっていたものが吸い出されて集塵ボトルの中に入って行きました。

やれやれ解決、と思ったら、相談室のお兄さんがおもむろに、私の使っているDC-05にリコールがかかっていることを知らせてくれました。

全然知らなかったのですが、なんだか不具合があるらしく。

http://www.dyson.co.jp/support/dc05notice.asp

↑のページでは部品を送りますしか書いてありませんが、実際には、15,000円で指定機種に下取り買換えもできますとのこと。

とりあえず資料を送ってくれるというので送ってもらいました。

買換えさせてくれるのは、「DC-26 タービンヘッドコンプリート」。最新型でこそありませんが、DC-05に比べたら何世代も新しい型、一応現行機種です。実売価格はまだ5万円前後します。

ダイソンの掃除機そのものは気に入っていたので、そんな価格で新品が手に入るなら渡りに船。早速お願いしました。

そうしたら3日後くらいには現物が届きました。

今までの掃除機は箱詰めして、同封の伝票を使って送り返しました。長い間お疲れ様。

新しいDC-26は、ふたまわりくらいコンパクトになり、とても軽いですが、騒音は今まで以上かも(笑)? でも、今まではなかった「強弱切り替え」もありますし、ヘッドの種類は倍増。取り回しはラクになり、吸引力は強くなっている、ような気がします。

コンパクトになった分、集塵ボトルの容量がかなり減ったので、中身を捨てる頻度は上がりそうですが、以前より捨て方もラクになったので、ノープロブレムです。

使い古した掃除機を下取りに出して、ウソのような低価格で新型が入手できるなんて、なんだかラッキーな出来事でした。

タグ:ダイソン, 家電, 掃除機

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Trackback

Trackback URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カテゴリ

月別アーカイブ

ランキング

参加しています。良かったらクリックしてください。

でんき予報

Powered by Movable Type 5.12