2012年4月のエントリー 一覧

結局

  • 更新日:
  • ひとこと

自宅PCの買換えは見送り、オークションでIDEの大容量新品HDDを買いました。

またシステムを一から入れ直すかと思うとげんなりしますが、古いアプリケーションをそのまま使えるので金銭的負担は少ないです。

システムディスクにかなり余裕ができる予定なので、作業領域不足によるストレスはかなり軽減されるはずです。

タグ:HDD, PC, 再インストール, 買換え

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PCがそろそろ限界...

  • 更新日:
  • PC・ネット

私の自宅PCは夫からのお下がり、しかも自作組立PCです。マザーボードやCPUはたぶん7~8年前のものです。

OSはWindowsXPで、HDDはなんと化石のようなIDE。しかも、2~3年前に一度システムディスクをクラッシュさせてしまい、当時夫の書斎に眠っていた、古~い20GBくらいのHDDを「一時的に」借りるつもりで入れたきりなので、すでにシステムが満杯、常に作業領域不足に悩まされています。何より、いつまたシステムディスクがダメになるかわからないという恐ろしい状態です。

本当ならシステムディスクだけ、もっと大容量の新品に替えたいのですが、何しろ規格が古いIDEなので、それほど大容量のものもなければ、価格も高くて現実的ではありません。

好むと好まざるとに関わらず、そろそろ、Windows7に切り替えなくてはならない時期に来ていると言えましょう。

そうなると、今使っているアプリケーションが使えるのかどうか。

一番の問題はAdobeのソフト。Illustrator10、Photoshop7、InDesign2.0。これらはすべて現役なんですが、当然ながらWindows7での動作はサポート外。っていうか動くんでしょうか。買い換えるとか、Adobeが最近発表したCreative Cloudとか、個人で使うのは無理ですから。

ハードそのものの価格は下がってきていますが、こういうのを考えると本当にバカになりません。やっぱりまたまっさらなものを用意してXP入れちゃおうかな、とか考えてしまいます。

実は私がMovable Typeで構築した某サイトさんは、ユーザーさんが次々PCを買い換えてブラウザがIE9になり、MT4.0の管理画面が使えない状況が頻出しています。

MTはメジャーバージョンアップすると、また新規購入と同じくらいお金がかかります。

導入時、「買い切りですから今後お金はかかりません」と言ったのに。

使い勝手の悪さを我慢してこのまま使っていただくか、お金をかけてバージョンアップしていただくか。

でも、バージョンアップも怖いんですよ。カスタムフィールドとかたくさん使っているので、テンプレートなど壊れないかどうか。

XP時代が安定して長かったので結構安心していたのですが、本来IT関連ってこうやって勝手に進化していくんですよねぇ。

自分の中では、別に進化しなくてもいいやと思っている部分があるのですが、完全に置いていかれている感は否めません。

一歩踏み出してまたお金のかかる無間地獄に陥るか(その代わり一時は世の中の動きに乗っかれる)、とりあえずまた化石システムを生き返らせて、しばらく化石状態で乗り切るか。まぁ、また持って2~3年でしょうが。

思案のしどころですね。

タグ:Adobe, MovableType, Windows, バージョンアップ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Windows7とAdobeCS

  • 更新日:
  • ひとこと

会社のPCがWindows7になるらしいけど。

一番頻繁に使うアプリ、Adobe CS3がサポート外。

ここはやっぱりCreative Cloudの出番でしょうか。

ますます自宅PCとの差が開いていく...。

かと言って、自宅PCをWindows7にしたからと言って、Adobeのソフトは手が出ないしなぁ。今使っているのはCS以前なので当然使えないだろうし。

タグ:Adobe, PC, アップグレード

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

桜...

  • 更新日:
  • ひとこと

満開の桜

桜の季節もそろそろ終わりですね...。
寂しいです。

写真は地元の桜。

タグ:

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

掃除機も買換え

  • 更新日:
  • 日常

ちょっと前の話になってしまいましたが、先月冷蔵庫を買い換えて搬入の日のこと。

当然ながら、冷蔵庫の通り道を作るため、片付けとか片付けとか掃除とかしていたら、掃除機のホースに何か詰まってしまい、異音がして全然吸わなくなってしまったのです。

ちなみに掃除機はダイソンのDC-05。もう10年近く使っている古~い機種です。

当時の最新機種は確かDC-08だったと思いますが、そっちは7~8万円という恐ろしい値段だったのを、型落ちということもあって3万円台で買った記憶があります。

で、こういう時はお客様相談センターに電話するに限る、と、電話してみました。

この掃除機には、ヘッドとの繋ぎ目近くにお客様サービスセンターのフリーダイヤル番号が書いてあって、以前も根元で詰まった時に、ホースの外し方を教えてもらったことがあるのです。

で、かけてみて、機種番号やシリアルNo.を伝えて、症状を話すと、「まず音を聞かせてください」と言われ、スイッチを入れて聞かせると、「でしたら、ホースを外していただいて、ヘッド側の口をそのホースの差してあった穴に差し込み、スイッチを入れてみてください」とのこと。

そうしたら、アッと言う間に詰まっていたものが吸い出されて集塵ボトルの中に入って行きました。

やれやれ解決、と思ったら、相談室のお兄さんがおもむろに、私の使っているDC-05にリコールがかかっていることを知らせてくれました。

全然知らなかったのですが、なんだか不具合があるらしく。

http://www.dyson.co.jp/support/dc05notice.asp

↑のページでは部品を送りますしか書いてありませんが、実際には、15,000円で指定機種に下取り買換えもできますとのこと。

とりあえず資料を送ってくれるというので送ってもらいました。

買換えさせてくれるのは、「DC-26 タービンヘッドコンプリート」。最新型でこそありませんが、DC-05に比べたら何世代も新しい型、一応現行機種です。実売価格はまだ5万円前後します。

ダイソンの掃除機そのものは気に入っていたので、そんな価格で新品が手に入るなら渡りに船。早速お願いしました。

そうしたら3日後くらいには現物が届きました。

今までの掃除機は箱詰めして、同封の伝票を使って送り返しました。長い間お疲れ様。

新しいDC-26は、ふたまわりくらいコンパクトになり、とても軽いですが、騒音は今まで以上かも(笑)? でも、今まではなかった「強弱切り替え」もありますし、ヘッドの種類は倍増。取り回しはラクになり、吸引力は強くなっている、ような気がします。

コンパクトになった分、集塵ボトルの容量がかなり減ったので、中身を捨てる頻度は上がりそうですが、以前より捨て方もラクになったので、ノープロブレムです。

使い古した掃除機を下取りに出して、ウソのような低価格で新型が入手できるなんて、なんだかラッキーな出来事でした。

タグ:ダイソン, 家電, 掃除機

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あ゛ー

  • 更新日:
  • ひとこと

水泳のニュース見て今頃思い出した!

先日に引き続き、またまたESCOLTAの国歌斉唱を聞きそこなってしまいましたorz。

せっかくの大舞台、二度もテレビで見るチャンスがあったというのに。

残念...。

タグ:ESCOLTA

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

学生ダンスの変わりように驚きました

  • 更新日:
  • 感想とか

最近、CSで社交ダンス(競技ダンス)のテレビ番組をやっているのを知り、見るようになりました。

私の現役時代とはすっかり時代が変わってしまって、ブラックプールのスタンダードチャンピオンがアメリカ人だったりしてびっくりです。(ブラックプールのスタンダードは長いこと英国人しか勝てず、10年前にイタリアのスキアーボ組がチャンピオンになった時、大騒ぎだったのを思い出します)。

で、ここのところ学連の全日本戦を放映していたので、懐かしく見ておりました。

いやー、こちらも様変わりが激しいです。

私の現役時代、男子学生は「学生服着用」が義務付けられていました。

ラテンはルンバ・チャチャの二種目のみで、サンバが入り始めた頃でした。(年がバレますね)

それが今や、男子もスタンダードは燕尾服、ラテンは白か黒のシャツに黒ズボンという、見慣れたアマチュアダンサーの服装になってます。

辛うじて、ラテンの男子が色ものを着ていない分だけ、一般の大会と違うのかもしれません。あと、学校持ちの背番号と腕章だけが、昔の学連の名残を残していました。

また、学生がパソを踊っているのも私の中では新鮮ですが、この大会は一人一種目のせいか、パソに出ている女子はみんな長いスカートを足しているようでした。これは、一種目戦でなければできない芸当ですね。

もう一つ新鮮だったのは、東部の圧倒的優位が崩れていたこと。北海道や九州の大学からでも、決勝に入っていたこと。昔では考えられません。

で、一番衝撃を受けたのがコレでした。

「シャドー大学」

なんですか、「シャドー大学」って?

でも、背番号見るといろんな大学の人がいるようだし、ひょっとして、一人で踊る「シャドウ」のこと?、とか思いつつ、本当は一体何なんだろうと思って調べてみました。

今は、「シャドーカップル」なるものが試合に出られるんですねぇ。

シャドーカップルというのは、各大学グループ(男子のいる大学とその登録パートナー校)内で余ってしまった人が、別の大学の余った人と組んだカップルだそうです。

学生ダンスは基本団体競技なので、学内で余ってしまったら学生競技会への出場は諦めるしかない、というのが私たちの時代でした。

私自身、自分の大学の同学年の男子は二人しかいなくて、女子はたくさんいたので、必然的にほとんどの女子が2年生の後半には余ってしまい(夏に固定カップルが決まるので)、競技会に出ることなく退部したり裏方に回ったりしていました。

幸い私は上級生と組ませていただき、競技を続けることができましたが、リーダーの先輩と一緒に3年生で引退になりました。

どこの大学も似たようなもので、複数の女子大をパートナー校にしている大手校などはやはり女子が余っているようですが、一部理系の大学などは逆に男子が余っているようなので、そこをカップリングして、個人単位で学生競技会に出られるように、数年前から制度が変わったらしいのです。当然、団体競技とは関係がありません。

ところがところが、この「シャドーカップル」(この番組では「シャドー大学」となっていました)が、何組も全日本戦の決勝に入っていて、しかも、ある組は優勝してしまってるんです。

これって、その大学的には「人材を見誤った」ってことなんでしょうねぇ。

だって、シャドーカップルの得点は団体に入らないんですもん。

本来、「戦力にならない」と思われたからシャドーになってしまったんですよね? で、レギュラーから外れてるわけですよね? そんな人たちが全日本戦で入賞するような有力選手になってしまっている。

もちろん、パートナーとの相性の問題も大きいので、必ずしもその人が大学のレギュラーになっていたからと言って、そこまで伸びたかどうかはわかりませんが。

なんだか、皮肉だなぁ、と思いました。

でも、2年生時点で見限られた人たちが、実は後で伸びるというのも、シャドーカップル制度ができたおかげでわかったことでもあるんでしょうね。

20年ぶりくらいの学生ダンス競技会は、新鮮な驚きがいっぱい、でした。

タグ:テレビ, 社交ダンス, 競技ダンス

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

終了~!

  • 更新日:
  • ひとこと

個人的に、今年の花粉症は終了したようです\(^o^)/。

少し前に「スギの花粉はピークを越え...」というニュースを聞いて以来、ほぼ症状が治まりました。

ん? まさか気分の問題?

...なわけはない(汗)

タグ:花粉症

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

3月の声楽レッスン

  • 更新日:
  • 習い事

息子が旅行に行っている間にも、声楽のレッスンはありました。

というか、レッスンに関するブログをしばらく書いていませんでした。

この間のレッスンの覚書を少しまとめておきたいと思います。

All I ask of you

だいたい暗譜もできたし、特にこれと言うほどのことはなし。ハモる部分、相変わらず夫が私に引きずられてしまうのだけど、こればっかりは私にはどうしようもないし。

演技演出を少し考える必要がありますが、今回は「演奏会形式で歌います」と宣言したので、演技と言うほどの演技はしなくて良くなったので気楽になりました。

Phantom of the Opera

最後の部分が不安なのと、時間短縮の必要もあり、1コーラスカットすることになりました。結果的に転調が一回減り、最後の音も半音下がりました。

実際これでかなりラクにはなりました。

あと、最初の超低音も、このままだと聞こえない、ということで(地声で歌っちゃえばちゃんと出そうな気はしますが、私の地声はかなり低いので、クリスティーヌらしくなくなってしまうのと、ポジションが下がって後の高音がきつくなるので)、1オクターブあげて歌うことにしました。男声側(ファントム)と同じ処理ですね。

転調が一回減ったことで、伴奏側の楽譜が結構大変なことになっています。先生にはお手数掛けます。

半音下がったとはいえ、最後はやっぱりきついです。最後の最後に「Hi-D(五線の上第3間のレ)のロングトーン」ですから。いかに、そこまで声を持たせるか。練習で鍛えるのみでしょうかね。

Think of me

ほぼ暗譜は完了。あと問題はブレスコントロールと最後のカデンツァです。フレーズ感を大事に。もっとも大事なことは、発声を考えながら歌うこと。

以上。

タグ:オペラ座の怪人, 声楽

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

帰宅難民の端くれになりました

  • 更新日:
  • 日常

息子がヨーロッパより帰国しました。

たくさんの体験をお土産に帰ってきたのは良いのですが。

あいにく昨日は大嵐。

飛行機は午前中に到着したのでまだ良かったのです。

夕方から天気が荒れると朝からずっとニュース等で言っていたので、少しでも早く帰れたらいいな、と思って、解散場所まで行きました。

予定通り二時過ぎにはバスが着いたのですが、そこから教会の聖堂で解団式があり、延々といろんな人の挨拶。

この日帰国したばかりの人たちは、この事態を理解していないようでした。

ようやく30分くらいで式は終ったものの、今度はそこからホールに移って団員達だけでまた延々とミーティング。

三時過ぎに子供たちが出てきて帰り始めたものの、そろそろ天気はかなり怪しい感じ。

とは言えまだ電車は七割程度運行中とのこと。

ここですぐに帰ればあんなことにはならなかったのに...。

続きを読む

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このページの上部へ

カテゴリ

月別アーカイブ

ランキング

参加しています。良かったらクリックしてください。

でんき予報

Powered by Movable Type 5.12